ABOUT US

世代間のルーツを今に織り込む

鷲見家の原体験は曾祖母の戦争体験記「災い転じて福となす」です。
その体験記は、それまでの自分たちの命に対する考え方を大きく変えました。
戦争体験記に綴ってある先祖の生き様や満州から帰国する際の苦難、家族を亡くす深い悲しみ、そんな中でも生きることを絶対に諦めない姿勢や想い。

戦争体験記を読むことで、今の自分たちの「命」のありがたさを強烈に感じ、
授かった「命」を精一杯生きたいと強く思うようになりました。

そして、「先祖の物語が生きる上で重要である」という私たちの理解を
今の世の中に織り込み広げていくために、鷲見家は活動しています。

 

VISION

誰もが活き活きと生きる世の中を創る

家族のルーツを知ることは、アイデンティティ形成の一助となり、
結果として「自分の生きる道筋を決めることに繋がる」と鷲見家は信じています。

先祖との深い関わりが希薄化していく現代において、自分自身のルーツを知り生き方を考え人生のゴールを決めることで、誰もが活き活きと生きる世の中が実現できると考えます。

 

MISSION

家族のルーツを’今’に織り込む

私たちは、様々な学び、気付きを与えてくれる先祖のルーツのアーカイブを作成し、それを保存・共有することで、誰もが自身のルーツにいつでも触れることができる世の中を創ります。

私たちの想い、、、
先人の経験や人生観といった無形資産が、次世代に受け継がれていく世の中を創りたい。
彼等の生き様の中に「幸福」「感謝」「生きがい」といったヒントが隠れていると信じているから。
幸せの尺度、価値観が多様化する世の中であっても、誰もが生きがいを見つけ、心豊かに生きてほしい。
そんな想いを実現させるために、鷲見家は活動しています。