鷲見家とは?〜鷲見家のルーツ〜

みなさんこんにちは。
鷲見家長男の大地です。

鷲見家で「すみけ」と読みます。
さて、今日は鷲見家についてつらつらと書いてみようかと思います。

僕たち「鷲見家」のルーツは岐阜県土岐市にあります。そう、ご存知の方がいるかと思いますが、
美濃焼が盛んな町として過去は栄えておりました。
現在も有名な会社がいくつかありますが、閉めてしまったところも多くなりました…。

鷲見家には自叙伝がある!

僕等の曾祖母、祖父母達は、第二次世界大戦前は岐阜県郡上市にいたそうですが、
国策に則って1945年に満州開拓民として日本の土地を売り払い、海を渡ったそう。
確か終戦の2〜3ヶ月前。
満蒙開拓移民 – Wikipedia

満州についた途端、日本は連合軍に無条件降伏し、曾祖父母と祖母の家族は命からがら、ソ連兵に追われながら博多港まで帰ってきたそうです。
満州に行くまでは日本が負けるなんで考えてもいませんでしたから、本当に突然のことで、辛く大変な経験だったと思います。

満州から逃げて帰ってくる当時を詳細に記す曾祖母の自叙伝がこちら、

 

「禍転じて福となす」

僕たちは既に人生のボーナスステージにいる

そう、鷲見家3人のルーツとなっているのは、そんな曾祖母や祖父母達の戦争体験記。

戦時中、戦後の日本国民は誰しもが貧しく、明日生きられる状況ではなかったことは、小学校、中学校、高校の歴史で学びました。

でも、やはり自分の家族が、そのような環境下で必死に生きていた事実を知るとリアリティが違います。
鷲見家の夕食の時間は異様に長く、時には夕方17時頃〜23時頃まで、祖父母、親、子ども全員で食卓を囲みながら色々な話をします。
この自慢の食卓で、満州での出来事やどのように逃げて帰ってきたか、そして日本に辿り着いてから、どのような生活を送ってきたかを聞きました。
ちなみに、僕等の曽祖父と祖母の弟は栄養失調にて満州で亡くなったとのこと。
とても悲しいことですよね。

この話を聞くたびに、当時の生活を我が事のように考え、曾祖母、祖父母に対し「生きて帰ってきてくれてありがとう」と深い感謝の気持ちが芽生えます。
同時に自分たちの今の生活を省みることができる機会にもなっています。
コンビニに行ったらなんでも手に入る、スイッチを押せば電気が付き、部屋が暖かくなる、蛇口から綺麗な水がでる。
戦争当時のことを考えると、僕たち世代は既に人生の「ボーナスステージ」にいるも同然だと思います。

現状に感謝し、今ある生を一生懸命生きる。
僕たち「鷲見家」は、そんなことを戦争体験記から学び、今を生きる糧になっていると感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です